行政書士事務所に不動産業と内装工事業を組み合わせたらいろいろできるようになりました。西武多摩湖線一橋学園駅近。

林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ)

許認可(行政書士)

許認可業務

2015年2月4日

gyoshokaikan

東京都小平市のこだたま行政書士事務所による、ごく個人的な意見です。

行政書士の最近の風潮というか、主流業務を細かいこと抜きにして大きく分けると

①相続や離婚などの民事にかかわることのサポートなど

②建設業や風俗営業(その他多数)の許認可業務

に分けられると言ってもいいかなと思います。

許認可業務ってのは、建設業や風俗営業、その他宅地建物取引業や古物(リサイクルショップなど)を営むにあたって必要となる「営業許可」や「免許」を取るため、役所や警察署に出す営業許可申請書などを作成したり、提出を代行(または代理)したりするなどの業務のことを言います。

 

さて、我が多摩地区では、印象の上では①を扱っている方が圧倒的に多いですね。

 

当事務所も①について内容によっては扱えるのですが、どっちかと言えばそれは身近に相談されることが実際に多いからであって実際やるとしても地元小平市かせめてその近隣の方だけに限ってます。

 

ごく個人的な意見としては、やはり行政書士の王道、醍醐味としては②に来るのかなあと思います。これ、本当に独断ですよ。

許認可業務は、シンプルな案件を除いて、関係官公署(役所等)に事前に問い合わせたり、協議したりする場面が発生します。

また、手引きでは表現されていない実務上の運用も多数存在します。

申請書作成だけとっても絶対にはずせない箇所や「手引きのようにきっちり書かなくても、分かればいいから(笑)」という箇所の温度差もあります。




これを自分の中に積み重ねていって、ちょっとイレギュラーな案件がすんなり行ったときのあの快感ね。笑




もちろん、報酬をいただいてやっているわけですから、自己満足的なもので終わるわけにはいきませんが、ひそかな快感はあるわけです。






これは依頼者の方にとってもメリットはあります。

自分でやるより申請がスムーズ(早く申請できる)というはもちろんですが、手引きだけでは難しいのかと思っていた許可が、意外と解釈やら運用の問題、または協議の結果でうまくいくことが多いのです。

そもそも法律や条例で決められた要件を満たしていないということであれば厳しいのですが、申請書に添付する書類等々について手引きはあくまで「例示」をしていることが多く、「絶対にここに書いてあるものしかダメ」というわけではありません

また、一番大事なことは、そのような許可や免許を取りたいと思っている人は、ほとんどの場合、新規に事業を始めようと思っている人や、事業拡大をしようと思っている人は基本的に忙しいということです。

そして、その方々が一般的に採用しているスタンスがひとつあります。

これも個人的な経験の中で感じる有能な経営者の特徴ですが、

金を払って自分の時間が作れるのであれば、払ってやってもらった方がいい」

と考える人が圧倒的に多いということです。




日常生活に例えると、

1分歩いたところにあるスーパーで卵が150円で、15分歩いたところにあるスーパーで卵が100円だったとして、忙しい経営者の方は1分歩いて150円で卵を買い、浮いた14分は仕事するんじゃないでしょうかね。その1分すら惜しいということであれば、100円で人を雇って買いに行かせるかもしれませんね。

そういう経営者の判断の局面に触れる瞬間も、僕ら行政書士の醍醐味であります。

僕なんてまだ経営者としてはペーペーですから、例えばプリンタトナーのストックを購入しようとするとき、こっちが安い、あっちは高いと1時間かけて悩むことも過去にありましたが、1時間の時間的価値を金銭に置き換えると、トータルで損していることになるんですよね。

また、相続業務であれば知り合いの弁護士も司法書士もみんなやっているので、ランチェスター戦略というか、そういう観点から見ると当事務所がメイン業務に据えるのは経営上少し危険なのです。




とりあえず資格取ればなんとかなるでしょ的な弁護士や司法書士、行政書士には負ける気はしないですが、やはり経営・業務センスのある方も多いですしね。




この多摩地区、特に小平市や小金井市をひとつとする「多摩中央支部」には許認可をメインで扱っている行政書士はほぼいません。

8割方、相続メインじゃないでしょうか。

僕としては、何で許認可やらないんだろうとは思いますが、その方が都合がいいので、そのままにしておきます。笑

最近は建設業が少し多めです。
そのご縁もあってか、建設業の現場の手伝いにも依然として駆り出されてます。笑







-許認可(行政書士)
-

Copyright© 林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ) , 2019 All Rights Reserved.