行政書士事務所に不動産業と内装工事業を組み合わせたらいろいろできるようになりました。西武多摩湖線一橋学園駅近。

林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ)

車の手続き

所有権留保

投稿日:

 東京都小平市のこだたま行政書士事務所です。

 

 さて、今回は普通自動車に関するお話。

 所有権留保という言葉をご存じの方も多いかと思います。

 この言葉自体は車に限った語句ではないのですが、車をローンで買った時の例でいくと「実際の物(今回の例だと車)は渡すから自由に使っていいけど、ローンを全部払い終わるまでの所有権はまだこっち(売った人など)に留めておくからね」ということです。



 何か分かりにくい説明ですが、ローンで買った車については、買ったその時から自分のものになったと思いきや、法律上はまだ売主のものだということです。



 実際の取引では、売主が所有権留保するというより、車の代金を売主に立て替えたローン会社がその立て替えた分を買主から全額回収するまでの所有者となります。

 車検証で見ると、こんな感じですね。

shoyukenryuho

 何のためにこれをやるかというと、ローンの支払いが途中で滞った場合に、車検証上の所有者が使用者(通常は、買主)から車を返してもらうためです。

 これを引揚げと言ったりします。

 所有者となっているローン会社等は車を返してもらって、それを売却して少しでも回収の足しにするのです。

 もう1円も払うことができなくなった方を永遠に待つより、少しでも回収してしまった方が会社的にはマシな場合もあるでしょうからね。

 さらに連帯保証人がついている場合は、引揚げ後に売却、ローン残金に充当してもそれでも足りない分を請求するなどもします。



 また、所有権留保がついている間は使用者は勝手に車を売却したり譲ったりできません。

 そのような行為は、法律上の所有者にのみ許されます。



 さて、この所有権留保、ローンを全て払い終われば法律上は終了します。
 つまり、所有権が買主に移ります。

 これでめでたしめでたし・・・・といかないのが車検証の話でして、これ、ローンを完済したところでそのままにしておくと永遠に車検証上は所有権留保が外れません。

 所有権留保がついたままでも普通に乗って使う分は問題ないですし、車検も普通に通ります。

 しかし、普通自動車の所有権の対抗要件(何も関係ない人に対して、所有権を主張するための根拠)は車検証の表示にありますから、車検証がそのままだと永遠に他人に売ったりあげたりすることはできません。(実際は個人間の売買や贈与はできるはできるのですが、後々面倒なことになりえるのできちんと手順を踏んだ方が良いでしょう)



 では、めでたくローンを完済したらどうすればよいか。




 まずは、車検証上の所有者に「所有権の解除をお願いします!」と連絡しましょう。



 そうすると、なにやら「所有権の解除」についての書類が送られてきます。

 また詳細は後日説明しますが、だいたいは「譲渡証明書」「委任状」「ローン会社の会社登記簿謄本」「ローン会社の印鑑証明」です。



 これらをもって、車ナンバーを管轄する運輸支局に赴くのです。

 その辺の手続きについてはまた次回に。

 とにかく、ローンを払い終えたらそのままにせず、まずは上記のように所有権者となっているローン会社に連絡すること、これを忘れないようにしましょう。







-車の手続き
-

Copyright© 林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ) , 2019 All Rights Reserved.