行政書士事務所に不動産業と内装工事業を組み合わせたらいろいろできるようになりました。西武多摩湖線一橋学園駅近。

林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ)

役立ち情報

4月21日Googleアルゴリズム変更

投稿日:2015年4月12日

ウェブ(ホームページ)業界で、今もっともアツい話題が、いよいよ4月21日に控えたGoogleアルゴリズム変更についてではないでしょうか。

 

現在、検索エンジン世界第1位を誇るGoogleにおいて、スマホに対応していないサイトを検索順位において不利に扱うということが言われています。

 

 

簡単に言えば、「最近スマホユーザーが増えてきたから、スマホユーザーからでも見やすいサイトじゃないと検索順位落しちゃうぞ」ってことですね。

 

 

集客の6割程度をウェブ経由に頼っている当事務所としてもこれは一大事・・・ですが、当事務所の場合はペナルティ以前にそういう流れだろうなと思っていたので、全サイトスマホ対応済です。よかった。

 

このアルゴリズム変更で、どこまで実際に検索順位を下げられるのかは分かりません。

 

さすがにすぐには下がらないだろうけど、時間が経つにしたがって、間違いなく不利になっていくだろうというのが、大方の見方です。

 

ちなみにPCからのアクセスに関してはさほど関係なく、あくまでスマホからのアクセスに対してのペナルティとのことです。

 

つまり、スマホからのアクセスが多いサイトほど、今回影響を受けることになります。

 

さて、もし自社でサイトを運営している人は、自分のサイトに対して社名で検索するなどしてスマホ端末からアクセスしてみましょう。
その際、検索結果画面にて、「スマホ対応」と表示されていれば、既にスマホ対応なので安心です。

 

こんな感じですね。
kensakugamen1

 

もしくは、Googleの「モバイルフレンドリーテスト」(https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/)で、自社サイトのURLを入れて調べてみましょう。

 

その時に、下の写真のように「問題ありません」となればスマホ対応済み。
mobilefriendly1

 

一方、こんな感じになった方がは要注意です。
mobilefriendly2

 

最近の流れとして、あくまでサイトの中身にこだわる(もっと言うと、デザインよりコンテンツの中身)Googleとしては、検索してきたユーザーにとって有益な情報を提供しているサイトは依然として高い順位を保つのかもしれません。

 

 

でも、もし同じようなサイトで一方はスマホ対応、一方は非対応となったら・・・・まあ、後者は検索順位の面で不利になることは間違いないのでしょう。

 

ちなみに、まだ正式に業務としてリリースしていませんが、当事務所がウェブ制作を承った場合には、追加料金無しで最初からスマホにも対応したサイトを納品します。







-役立ち情報
-

Copyright© 林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ) , 2019 All Rights Reserved.