行政書士事務所に不動産業と内装工事業を組み合わせたらいろいろできるようになりました。西武多摩湖線一橋学園駅近。

林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ)

事務所移転計画

事務所移転計画①賃貸借契約

小平市のこだたま行政書士事務所です。

さて、事務所移転の件です。
ちょっとスケジュール上ギリギリとはなりましたが、6月1日移転にしたいと思います。

 

まずは、貸主と賃貸借契約を締結しなければなりません。

 

今回、通常のように不動産屋を通して(不動産屋を仲介として)契約するわけではなく、貸主が「直接契約でいいよ」とおっしゃってくれました。

 

この最大のメリットは何と言っても「仲介手数料」が不要であることでしょう。

 

皆様も自分の住まいを借りる時に、何やかんや初期費用がかかるということはご存じかと思いますが、これには敷金や礼金の他、不動産屋を通して契約した時にかかる「仲介手数料」が含まれています。

 

仲介手数料は通常、賃料の1ヶ月分です。

 

これが今回不要になります。

 

そして、賃貸借契約書ですがこちら側で作ることになっているので、今、それを作成中。

 

とは言っても、書式は一橋学園で懇意にしている不動産業者の有限会社小平興業(Room Navi)の荒井さんが提供してくれたんですけどね。

 

あとは貸主に物件個別情報を聞いて埋めればあらかた完成です。

 

こんな感じ。

tintai

ちなみに今回は、貸主個人として貸してくれる形式で宅建業法で言う「取引」に当たらないため、重要事項説明は不要なんです。

 

まあ、特に借主から重要事項説明を求めれば別ですが、僕は宅地建物取引主任者の資格も持っているし、物件見ればだいたいどんな感じか分かるので要らないや。

 

契約開始期間は、6月1日に完全移転したく、それまでに荷物等の搬入があるから、5月20日くらいで考えております。







-事務所移転計画
-

Copyright© 林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ) , 2019 All Rights Reserved.