行政書士事務所に不動産業と内装工事業を組み合わせたらいろいろできるようになりました。西武多摩湖線一橋学園駅近。

林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ)

開業の思い出

脱サラ。(開業の思い出シリーズ1)

投稿日:

東京都小平市のこだたま行政書士事務所です。

現在、当事務所のウェブサイトは10個くらいあり、業務ごとに分かれています。

それはいいのですが、このブログ以外にももう一つブログがあります。

アメーバでやっているものです。

 

しかし今では更新もしていないし、単なる放置状態。

この「放置」ってのがあんまり良くないのです。気分もスッキリしないですし。

 

そこで、その放置ブログから当事務所ブログに適していると思われるものは、少しずつここに記事移動することにしました。

 

その中で、まず僕が開業した当初アップした記事がいくつかありましたので、そちらを随時移していきます。

第一弾は開業のためにサラリーマンを脱却した、その頃の事が書かれている記事です。

 

元記事の投稿日:平成25年10月7日

 

半年ほど遅れましたが、平成25年9月30日についに脱サラを敢行しました。

ああ、それだけだとただの退職ですね。

 

8月の末日で予定通り管理職を降り、9月は昔のように現場に戻ったラスト1ヶ月。

 

なぜ管理職降りると同時に退職しなかったかっていうのは、一言で言うと、退職前に、現場感覚を奪還したいという意図からでした。

 

前職で管理職は2年ちょい務めさせていただきましたが、やはり管理職ともなると顧客と直接話す機会がぐっと減るのです。
それこそ、強制的に顧客と対峙する場面と言えば、クレーム発生時くらい。

 

管理職になる直前くらいは、ホントに顧客が次発言することすら雰囲気で察知できたというのに、それが失われたというか、そういう機会が激減したために、「今でもそうできるのか確かめる術がなくなった」というべきでしょうかね。

 

これは既に数年前から起業・開業自体を決意していた僕にとっては致命的とも言えます。

 

なので、上司にお願いして、最後の1ヶ月は現場に戻してもらったのです。

 

 

そして、詳しくは書けませんが、平成25年9月当時は「商品」がたくさんあったにも関わらず、僕の現場としての時計は止まったままでしたから、一つの商品しか扱えませんでした。
でも、あくまで目的は顧客に対する「感覚」を取り戻すことなので、それで充分です。

 

運用も色々変わってしまっていましたが、それもウェルカムです!

そして1ヶ月頑張りました。その結果は・・・・。

 

 

アポ率(ホントはこういう言い方しません)67.9%(だったかな?)!!
全社員の平均は64%か65%だったはずです。

 

 

成約率(ホントはこういう言い方しません)90.0%!!
全社員平均は65~68%のはずです。

 

 

なんと素晴らしい。勝ち逃げじゃないですかこれ。

自慢か?

自慢

 

 

これね、僕にとっても嬉しい結果だったのですが、管理職でふんぞり返ってた(笑)ヤツが現場に戻ってみたら散々の結果だったら、元部下から「なんだ、上のヤツらって大したことないじゃん」って思われて今もなお管理職として頑張っている戦友たちの顔に泥を塗ることになりかねなかっただけに、良かったのです。戦友たちは、みんな有能ですから。

 

 

そんな感じで、僕のサラリーマン人生は幕を閉じました。

 

 

幕が閉じて振り返ってみて思うのは、サラリーマンも悪くないな、ってことです。

 

 

会社の資本を使って、小さなことから大きなことまで、人と協力して成し遂げられるのは、サラリーマンの醍醐味かもしれません。

 

 

色んな人がいますし、色んな事が起こりますが、それらは全て、今となっては僕の糧だと断言できます。この出会いと経験があったからこそ、今のタイミングで本当に踏み出せるものだと思います。

 

 

これからも、これまで経験したことのない色んなことが起こるのでしょう。
期待も不安もどっちもあります。

 

 

でも人生は、何とかなるように出来てるんです。
だったら、やる時くらい思いっきりやってもいいじゃないですか。

 

一度きりの人生であれば、見たことのない世界を見たいと思うのは、誰もが根底に持っているんだと思いますし。

 

んな大げさな。笑

datusara







-開業の思い出
-

Copyright© 林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ) , 2019 All Rights Reserved.