行政書士事務所に不動産業と建設業を組み合わせたらいろいろできるようになりました。西武多摩湖線一橋学園駅近。

林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ)

役立ち情報

東京法務局田無出張所には時間を問わず車で行けるルートがあった!

2020年3月2日

こんにちは。
3月初の月曜日。

これからまた1週間が始まるという人も多いでしょう。

今日の話題は、東京法務局田無出張所です。

普段は「田無法務局」と呼んでます。

 

昔、不動産業者に勤めていたときはたまに不動産の登記簿謄本(今でいう全部事項証明書など)を取りに来ていました。

他にも会社の登記などが取得できる機関ですが、いつの間にか郵送で請求することが多くなり、許認可申請のために法人の履歴事項全部証明書など取る回数も多い行政書士となってからは、都度横着したい国民のニーズに見事に応える超便利なオンライン請求を利用してばかりでほとんど行かなくなりました。

 

この田無法務局を訪れるのは、謄本類をどうしても急ぎで取りたいときや、自社(リブリッシュ)の印鑑証明書を取りたいとき、または 株式会社の代表取締役住所変更登記を自分でやってみました。 の記事のような自社の登記申請を行うとき(ちなみに、いろいろやれば印鑑証明書も登記申請もオンラインで解決するとかなんとか?)くらいです。

 

田無なんてうちから近いんだから何かのついでにちょちょいと寄ればいいのにという考えもなくはないですが、田無法務局は全方位をスクールゾーンに守られており、車両の進入が著しく制限されているのです。

午前7時から9時まではまあいいとしても、15時から18時もスクールゾーン設定により車両進入禁止。

 

ここから250m先に至っては正午から19時までですからね。
とにかく車は通さんぞ!という強い意思が感じられます。

 

 

それこそ、法務局の営業時間内に限れば、ほんの僅かの時間帯だけしか車で行けないのです。

 

 

・・・うん、行けないと思っていました。つい最近まで。

 

でも、実は違ったようです。
東京法務局田無出張所のページにはこんな案内書きが。

田無出張所の周辺一帯はスクールゾーンですが、
青部分の道路は時間帯によらず通行可能です。

 

リンクから法務局のサイトに飛んだ人であればそこの地図をご覧になったでしょうが、あの地図だと一部車両一方通行の関係で法務局までたどり着けなかったり幹線道路へ脱出できなかったりする罠にはまる人が出てきそうなので、改めて僕が行きと帰りに分けて最適ルートをご紹介しますね。

 

これです。

行きは青梅街道から「田無町五丁目」の信号で法務局側に進入し、あとは上記青ルートを通るのです。
帰りは田無小学校を過ぎたら右折(左折不可)、赤ルートを辿って青梅街道へ脱出です。

 

このルート、

 

実はもともと行けたのか、

昔は行けなかったけど何らかの力が働いていつしか行けるようになったのか、

 

それは分かりません。

 

 

しかし法務局のサイトで公式に認められたルートですから車両での通行に問題ないことは間違いないのでしょう。

 

 

但し、駐車場が10台分しかないとのことで、他の役所の例に漏れず田無法務局も「できるだけ公共交通機関でのご来庁を」と促しているようです。

 

いつも空いているイメージですが、混む時は混むのでしょう。

 

ちなみに、行政書士は不動産、商業(会社)を問わず登記申請の代理ができないことはもちろん、登記申請書類を作成することもできません。
しかし不思議なことに、定期的に登記書類を作成する行政書士が現れ、日本行政という会報誌の処分事例に掲載されます。

士業7不思議のひとつといっても良いでしょう。

 

今日のオススメ曲はこちらです。
とにかく曖昧に再現したいのです。

この曲が収録されている1stミニアルバムの「ニガミ17才a」ですが、ちょっとプレミアついてるんですかね?
中古で4,000円前後~5,000円です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニガミ17才a 【中古】
価格:4731円(税込、送料別) (2020/3/3時点)

 

 







-役立ち情報
-,

Copyright© 林洋平ブログ(こだたま行政書士事務所&株式会社リブリッシュ) , 2020 All Rights Reserved.